作品紹介

この公卿、金はないが、知恵ならあるぞよ

舞台は戦国期の京。公家の山科言継と家来の掃部助は、庶民の相談に興味を持つのだが、彼らのせいで事態はさらに混乱してしまう

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
権中納言ながら物好きの貧乏公家・山科言継(やましな・ときつぐ)卿とその家来で世話好き女好きの大沢掃部助(かもんのすけ)は、庶民の様々な揉め事に、もうけ話の匂いを嗅ぎつけ首を突っ込むが、事態はさらにややこしいことに。鉄砲の登場や蹴鞠(けまり)など混乱する室町末期の京の世相を描き、笑いとペーソスが融合した著者真骨頂のユーモア時代小説。解説・清原康正
商品情報
書名(カナ) ヤマシナキョウセイショウタン オドルオンミョウジ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年07月10日
ISBN 978-4-16-777385-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く