作品紹介

人情と笑いの「ザ・町人小説」書き下ろし第3弾!

清濁を併せ呑んで事件を解決することを覚え、成長し続ける若き町年寄・三四郎。闇の町人組織「百眼」を差配して今日も江戸を守る!

担当編集者より
幼馴染の佳乃に誘われ人気芝居を観に行った三四郎。ところが、舞台に突然現れた狐面の男たちに芝居小屋がのっとられる。観客を人質にとり、「大岡奉行をここに呼べ!」と無茶な要求をする賊の本当の狙いとは――。江戸町人は俺が守る! 若き町年寄・三四郎と影の町人集団・百眼(ひゃくまなこ)が、情報と人情で事件を解決するシリーズ第3弾。
商品情報
書名(カナ) マワリブタイ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年05月10日
ISBN 978-4-16-780703-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く