作品紹介

俳優、堺雅人が「演じる」ときに考えること。

大きな話題を呼んだ演技派俳優の初エッセイ。新たに作家の宮尾登美子氏、長嶋有氏との対談、蔵出しインタビュー&写真も収録。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
2009年に刊行され、大きな話題を呼んだ堺雅人さんの初エッセイの文庫化です。執筆は2004年の年末から。「月刊テレビナビ」の連載50回分がベースとなっています。
NHK大河ドラマ『新選組!』や『篤姫』、映画『ジャージの二人』や『アフタースクール』などについての堺さんの考察は、本当に面白くて、魅力的。役者という職業の意外な面も感じる、とっても素敵な一冊です。
文庫には新たに、過去の対談やインタビュー、写真、作品年表を収録。カバー写真の「仕掛け」にもご注目ください。(RU)
商品情報
書名(カナ) ブン サカイマサト
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2013年07月10日
ISBN 978-4-16-783871-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く