文春文庫

黄蝶の橋更紗屋おりん雛形帖

篠 綾子

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2015年02月06日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • 第6回(2017年)歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

五代将軍綱吉のもと、元禄文化が花開く江戸。京の呉服商「更沙屋」の一人娘・おりんは、親も店も失い、浅草今戸に住む叔父夫婦と長屋で通い奉公をしながら細々と暮らしている。いつか更沙屋を再建することを夢見て――。
そんなある日、更沙屋を建て直すために貯めたお金を、叔父の善次郎が黙って持ち出してしまう。理由を問い質すと、江戸を騒がせている犯罪組織「子捕り蝶」に誘拐された飛松という7歳の少年を助けるためだという。飛松は、小僧として働いていた奉公先の大黒屋の息子とともに誘拐されたが、大黒屋の主人は息子の身代金しか支払わなかったため、飛松は帰ってこなかった。飛松の命が危ないと知った善次郎は、飛松救済のために大黒屋に誘拐組織に渡してくれとなけなしのお金を持参して頼み込むが、自分の息子が戻ってきた今となっては飛松の命などどうでもよいとばかりに断られてしまう。
父親は借金を残して死に、姉は吉原に売られるた飛松。そんな飛松をかわいそうに思った善次郎は、かつて更沙屋の江戸店の主人であった時に奉公人として引き取ったという経緯があり、子供のいない善次郎にとってはわが子同然だった。
事実を知ったおりんは、飛松奪還のために奔走する。ところがそこには上州沼田藩主、真田信利の圧政に苦しむ領民の姿と藩政を揺るがす大きな事件が……。
史実にもある沼田藩改易事件をもとに、松尾芭蕉や新井白石、大老・堀田正俊、杉木茂左兵衛門といった実在の人物が重要なストーリーテラーとして登場し、史実とフィクションが入り混じった人間ドラマも読みどころのひとつ。華やかな大名家の生活を描く一方で、増税にあえぐ貧農の悲しい運命にもスポットを当てています。人間の美しさと醜さ、義とは命とは何か――喜怒哀楽のすべての感情を呼び覚ます、清らかな江戸人情時代小説です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
親も家も失った16歳のおりん。両親と過ごした幸せな子供時代を胸に、女中奉公をしながら更沙屋再建のため一生懸命働きます。そんな彼女が、上州沼田藩の屋敷に奉公に上がり、悪政の元凶を目にします。大名から貧農までをきっちりと描きわけ、日本の歴史を伝えてくれる篠さんの才気あふれる小説です。人生は思い通りにいかないもの――そんなことを改めて教えてくれる作品。清らかな人の心に触れることができる時代小説です。(IT)
目次
一話 子捕り蝶
二話 着道楽の奥方
三話 白無地の小袖
四話 見性院雛形帖
商品情報
書名(カナ) キチョウノハシ サラサヤオリンヒナガタチョウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年02月10日
ISBN 978-4-16-790300-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く