文春文庫

花鳥

藤原緋沙子

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2015年11月10日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

7代将軍の生母、月光院の生涯を描く長編。

5代将軍・綱吉が発した「生類憐れみの令」への恐怖で
傷ついた小鳥を助けられず途方に暮れていた浅草の住職の娘・輝を救った若者は、
後の6代将軍家宣だった。
思いがけぬ成り行きが続いての大奥入り、7代将軍の生母・月光院となった輝。
未曾有の大事件「絵島生島事件」に遭遇して、腹心の絵島を失うまでの
激動の生涯を、丁寧な女性の心理描写で人気の藤原緋沙子が描く。

清らかに必死に生きた聡明な女性・月光院への
共感と哀切が湧き上がる傑作長編。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ハナドリ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年11月10日
ISBN 978-4-16-790489-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く