作品紹介

江戸時代にも清少納言がいた!

『赤蝦夷風説考』を上申した伊達藩藩医・工藤平助を父に持つあや子。
最初の結婚は失敗し、その後、家の没落などの苦難を乗り越え、二度目の夫のもとで「書く」喜びに出会い、只野真葛を名乗る。
封建社会の中、誰にも束縛されない自由闊達な文章と社会批判で滝沢馬琴も驚かせた、その半生を生き生きと描いた長編小説。

真葛は「清少納言が、もっと書いていたら?」という姿を、私達に想像させる存在なのです。

という酒井順子さんの解説も必読です。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) クズノハショウ タダノマクズモノガタリ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年08月10日
ISBN 978-4-16-790678-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く