文春文庫

泣くなら、ひとり壇蜜日記3

壇 蜜

  • 定価:本体660円+税
  • 発売日:2016年10月07日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「幸せにします」と言われても、「幸せって何さ」と思い、
手帳には大事な存在である「ある少女」からの手紙を挟んで持ち歩き、
自分の中には、反対の性が住んでいると断言。
見られてマズイ画像を持っている人を心の中で数え、
3月11日には、非力でも、向いてなくても、誰かを助けたい、と祈り、
暴かれたら世間から血祭りに上げられそうな過去があり、
たくさん寝ることが大好きで、孫自慢の激しい祖母の長生きを心の底から願い、
「私と春はどちらが図々しいだろう」と考える……
〝35歳の壇蜜〟という、類い稀なるキャラクターのリアルがここにある!

2015年7月~16年7月までの書き下し日記のほか、竹取物語をベースにした、壇蜜初の短篇小説「光ラズノナヨ竹」(「オール読物」掲載)を特別収録。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ナクナラ ヒトリ ダンミツニッキ サン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年10月10日
ISBN 978-4-16-790717-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く