文春文庫

春の庭

柴崎友香

  • 定価:本体640円+税
  • 発売日:2017年04月07日
  • ジャンル:小説
  • 第151回(平成26年)芥川賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

第151回芥川賞受賞作。「春の庭」
書下ろし&単行本未収録短篇を加え 待望の文庫化!

東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに住む太郎は、住人の女と知り合う。彼女は隣に建つ「水色の家」に、異様な関心を示していた。街に積み重なる時間の中で、彼らが見つけたものとは――第151回芥川賞に輝く表題作に、「糸」「見えない」「出かける準備」の三篇を加え、作家の揺るぎない才能を示した小説集。

二階のベランダから女が頭を突き出し、なにかを見ている。(「春の庭」)

通りの向こうに住む女を、男が殺しに来た。(「糸」)

アパート二階、右端の部屋の住人は、眠ることがなによりの楽しみだった。(「見えない」)

電車が鉄橋を渡るときの音が、背中から響いてきた。(「出かける準備」)

何かが始まる気配。見えなかったものが見えてくる。

解説・堀江敏幸

商品情報
書名(カナ) ハルノニワ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年04月10日
ISBN 978-4-16-790827-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く