文庫
文庫

文春文庫

花の百名山

田中澄江

  • 定価:本体840円+税
  • 発売日:2017年06月08日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • 第32回(1981年)読売文学賞 随筆・紀行賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

春の御前山で思いがけず出会った、薄紅に咲きさかるカタクリの大群落。
あまりの小ささに草地に身を伏せて、ようやく所在を確かめた早池峰のチシマコザクラ。
レブンソウとの新しい出会いに、自分の命がその花に添って伸びひろがってゆくのを感じる――

山と花をこよなく愛し、日本中の山々を踏破した著者が、その豊富な山行の中から、四季折々の山と花の結びつきを100選び、歴史や自身の思い出とともに綴った珠玉のエッセイ。第32回読売文学賞〈随筆・紀行賞〉受賞作。

1980年に刊行以来、多くの山好き・花好きの間で読み継がれてきたロングセラー。NHK衛星第2TVで放映された「NHK 花の百名山」、山と溪谷社刊行「花の百名山 登山ガイド」などを生み出すことになった、元祖である。

「あれらの山々にはどんな木が茂り、どんな水が流れ、どんな花々が咲いているのか」という思いで、生涯山に登り、花を愛しつづけた著者のひたむきさ、純粋さ、喜びが、文章の端々から伝わってくる名作が、活字を大きくして待望の復刊。

表紙画・熊谷守一 「松虫草」(1961年)

解説・平尾隆弘(初代担当者・神戸外国語大学客員教授)

担当編集者より
電子書籍版は刊行されていましたが、紙の本としては長らく手に入らない状態だった名エッセイ「花の百名山」。活字を大きくして新装版になりました。
「私は葉にぼってりとした厚みのあるフユノハナワラビが好きだ」「空の青さが、群がり咲くキンコウカの花の黄に染まって、緑めいて見える」――花が好きで好きでたまらない田中澄江さんの弾む声が紙面から聞こえてくるようです。
初版刊行から37年、改めてこの名作を一人でも多くの方に読んでいただきたいです。
目次
〈登場する100の山〉

高尾山/大楠山/御前山/三頭山/幕山/武甲山/高鈴山/天城山/三筋山/相模大山/川苔山/雲取山/地蔵岳/黒檜山/至仏山/大岳山/高水山/鶏頂山/大菩薩峠/武州御嶽/生藤山/石割山/尾瀬沼/八幡平/大滝根山/鎌倉岳/早池峰山/田代山/鳥海山/月山/羽黒山/栗駒山/安達太良山/五葉山/利尻山/礼文岳/余市岳/夕張岳/大千軒岳/斜里岳/大雪山/アポイ岳/富良野岳/十勝岳/沼の平/羅臼岳/樽前山/雌阿寒岳/空沼岳/雨竜沼/国師ヶ岳/葦毛湿原/金峰山/白山/立山/薬師岳/黒部五郎岳/五色ヶ原/弓折岳/双六岳/仙丈岳/根子岳/苗場山/霧ノ塔/守屋山/黒斑山/浅間山/槍ヶ岳/白馬岳/木曾駒ヶ岳/木曾御嶽/西穂高岳/戸隠山/火打山/縞枯山/爺ヶ岳/鹿島槍ヶ岳/五頭山/高峰山/霧ヶ峰/志賀高原/浜石岳/三上山/藤原岳/雲仙山/二上山雄岳/葛城山/愛宕山/御池岳/大台ヶ原山/大山/天狗高原/東赤石山/横倉山/石鎚山/丸笹山/剣山/韓国岳/久住山/祖母山
(目次順)
商品情報
書名(カナ) ハナノヒャクメイザン
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年06月10日
ISBN 978-4-16-790875-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く