作品紹介

国家は物語のなかに成立する

偏狭なナショナリズムではなく、「戦前」と「戦後」という断絶を、みずから納得して受け止めるに十分な「物語」を描く試み。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本とは何か。アメリカとは何か。ここで「民主主義国」と答えても日本やアメリカそのものを語ることにはなりません。個人の場合も同様です。名前、年齢、家族、政治信条など属性を並べても「汝は何者か」という答えにはなりません。自己同一性は、その国家や個人の資質が常に同一である点に存するのではなく、国家や個人が経験した様々な変化が一つの筋として物語られることで獲得されるものです。本書は、早逝した保守論壇の巨星が遺した、戦前/戦後の断絶を超える「国家と国民」の物語です。
商品情報
書名(カナ) テンノウロン ショウチョウテンノウセイドトニホンノライレキ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2014年04月20日
ISBN 978-4-16-813017-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く