新書
新書

文春新書

昭和史の論点

坂本・秦・半藤・保阪

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2000年03月17日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本は進路を誤ったのか。戦前は「暗黒」だったのか。ワシントン体制から戦争責任まで、現在にまで尾をひく諸問題を徹底討論する

担当編集者より
「えっ、日本てアメリカと戦争したの? で、どっちが勝ったの?」。噂には聞いていたが、真顔で尋ねられたときは驚いた。かくいう団塊の世代人も、戦前についてはよく知らない。ワシントン体制から太平洋戦争まで、大激動の時代を、当代きっての研究家たちが徹底討論。「諸君!」二月号、三月号で好評を博した大座談会を一冊にまとめたもの。わかりやすくタメになる「戦前昭和史」の決定版だ。新学期をひかえて、あの女子学生にも読んでもらいたい!(AK)
商品情報
書名(カナ) ショウワシノロンテン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2000年03月20日
ISBN 978-4-16-660092-2
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く