インタビュー・対談

警察小説の「型」を壊したい

『地層捜査』 (佐々木譲 著)

聞き手: 「本の話」編集部
警察小説の「型」を壊したい

――今年1月に文庫化された直木賞受賞作『廃墟に乞う』をはじめ、解きから刑事、犯人を含めた人間模様まで、とにかく読み応え十分の佐々木さんの警察小説に、新刊『地層捜査』が加わります。本作では2010年の公訴時効撤廃を受け、再捜査対象となった未解決殺人事件を2人の捜査員が追いかけますが、舞台となるのが東京・新宿区の荒木町です。まずはこの、小さな飲食店がひしめき合うように並び立つ荒木町を選んだ理由から教えてください。

「警視庁の物語にしたい、でもまだあまり書かれすぎていない魅力的な町を舞台にしたい、と考えていたときに、私の原作を舞台にしてくれた演出家の方が荒木町の出身で、『荒木町は花街だったんですよ』と話していたことを思い出しました。そういえば、深川や向島、浅草などの花街は、幾度となく小説や映画の舞台になっているけれど、荒木町はまだあまり書かれていないな、とも。

 ただ、荒木町を舞台にしたとしても、どんな物語にするかまったく見当がついていなかったので、まずは編集者と荒木町に飲みに行きました(笑)。小料理屋で鍋をつついたんですが、その小料理屋の女将から、こんな話を伺ったんです。

『この店の隣は昔は置屋さんで、少し前に改築のために取り壊したんですけど、中を見せていただいたら、不思議な造作が見えてしまいましてね……』

 実はその部屋は、芸妓の世界の特殊な一面を示していたんですが、この話を聞いた瞬間、ストーリー全体が見えてきたんです」

――『地層捜査』というタイトルにも示されていますが、この物語では、考古学者が堆積した地層をぎ取るようにして化石を探すように、地道な捜査によって町の記憶=手がかりが徐々に明らかになっていきます。多くの町を舞台にするのではなく、1つの町をぐっと掘り下げていくことで、物語の密度と色合いが濃くなるのですね。

「『警官の血』という作品を、東京・谷中の天王寺を舞台にして書いたんですが、谷中、という土地への興味から本を手にとってくれた読者が多かったんですね。『読んだところを歩いてみました』なんて声も聞きましたし、そもそも地元で幅広く読まれたそうです。町を舞台に、深く物語を掘り下げていくのは作家としてもやりがいがあるし、読者にもその物語が届いた実感がありました。荒木町も、谷中と同様に、とても魅力的な町です。ならば、同じ手法で描いてみてもいいのでは、と思いました。ただ、谷中は以前から馴染みのある町で、取材をしなくても町の様子がわかりますが、荒木町はそうではない。取材を繰り返して、身体に町の地形、たたずまいを馴染ませてから書きはじめました」

――きわめて大雑把に説明すれば、新宿通りと外苑東通りがクロスする四谷三丁目交差点の北東ブロックが、荒木町界隈となります。本作を読むと、読み手の頭の中に、その町の詳細が、大通りの喧騒から坂道の石畳、パリのモンパルナスを思い起こさせるような街灯、階段、町の奥底にある神社まで、その地形の起伏まで頭の中に鮮明なビジョンを結びます。お書きになるにあたって、何度も足を運ばれたのでしょうか。

「そうですね。執筆前に何度となく歩きつめましたし、小説誌での連載が始まってからも、北海道から上京するたびに、町の様子をかなり頻繁に見にいきました」

――では、行きつけの店もできたり?

「そこまではいかなかったけど、いいお店、沢山ありますよね(笑)。雰囲気のある酒場もある。イメージもどんどん膨らんでいきました。ただ、実際に荒木町に行ってみるとお分かりいただけるのですが、花街だった雰囲気というのは、一見して分かり易く感じられるものではないんですね。そうだと知って歩いてみれば、さまざまなところにその名残を見つけることができるのですが……。ちなみに谷中には今でも『お稽古通り』という裏通りがありましてね。色々な芸事の先生がいらっしゃって、三味線の音なども聞こえてくる時があるんです。執筆にあたっては、その通りの雰囲気を思い出しつつ、もう1つ、秘密兵器を投入しました。昭和30年代後半から40年代にかけて撮られた任映画、「日本侠客伝」や「昭和残侠伝」のシリーズを、改めてDVDでひとさらい観たんです。あのシリーズには荒木町そのものは出てきませんが、浅草などの花街のシーンが数多く出てきます。シリーズが撮られた当時、まだ古い東京の雰囲気は残っていたんですね。その空気を身体に染み込ませて執筆に臨みました」

【次ページ】バディものの新しい形

地層捜査
佐々木譲・著

定価:1680円(税込) 発売日:2012年02月24日

詳しい内容はこちら