作品紹介

ホリエモン、LINE元トップをはじめ、時代の最先端をゆくCEO10人が
みずからの本棚から愛読書を公開! 目からウロコの読書術も伝授。

最新ビジネス書から理系書、歴史書にマンガまで
「仕事と人生に効く」最強164冊分のブックリストつき。

NewsPicks×文藝春秋の人気企画を書籍化。

【目次より】
堀江貴文(ライブドア元CEO)
「ノーベル賞科学者のプロデュース術」を学ぶ

森川亮(LINE元CEO、C Channel CEO)
自分の脳を「だます」本で、判断力を研ぎ澄ます

朝倉祐介(ミクシィ元CEO)
組織の「グチャグチャ」は歴史本で疑似体験

佐藤航陽(メタップスCEO)
「感情」「経済」「テクノロジー」で未来を俯瞰

出雲充(ユーグレナ社長)
ドラゴンボール「仙豆」から、ユーグレナを着想

迫俊亮(ミスターミニットCEO)
「とりつかれたような読書」から見えてきたもの

石川康晴(クロスカンパニーCEO)
倒産危機を救ってくれた、松下幸之助の『商売心得帖』

仲暁子(ウォンテッドリーCEO)
「採用」「解雇」の二大難問に答えてくれた本

孫泰蔵(Mistletoe CEO)
『ワンピース』は、チーム経営の最高の教科書

佐渡島庸平(コルクCEO)
ストーリーづくりは、「観察力」が9割、「想像力」が1割


【本書に登場するCEOのブックリストより】

IT時代の新・教養書『暗号解読』
フィンテックの原点『貨幣論』
「社内の関東軍」に対応可能『昭和史』
プロデュース力で科学史に名を残す『二重螺旋』
20代社員を迎えてのチーム経営を学ぶ『ワンピース』
人生の喪失を教えてくれる『誕生日の子どもたち』
経営者の艱難辛苦を描いた『HARD THINGS』 ほか 総計164冊

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
爆速成長を遂げたLINE、トップの判断力を極限までに研ぎ澄ませた科学本は?
20代(!)でCEOに就任、赤字ミクシィを短期で黒字化に導いた歴史本とは?
獄中読書でおなじみホリエモンを含む30〜40代中心の新進CEO10人が登場。人工知能本から古典、ビジネス書、マンガまで。人生を変えた本、仕事のネタ本を、驚くべき読書術とともに紹介。ルールが変わったいまの時代を生き抜くための必読書164冊!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く