作品紹介

北洋と南氷洋で男たちは働いた――家族のために

高度成長期の日本。陸を遠く離れ、船上で魚とクジラを追う男たち。彼らが働くのは――家族のため。楡周平渾身のワーキングノベル。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く