作品紹介

文人として戦略家として政治家として超一流だった男、曹操の魅力を、任侠道の「少年」の観点から掘り下げ、中国思想に迫る一冊!

担当編集者より
任侠道でいう少年とは、日本語と異なり、清々しさを持った若者といったような意味。名将にして戦略家、名政治家、さらには文人でもあった三国志の英雄・曹操を、この少年の観点から解きあかしたのが草森紳一さんの『少年曹操』です。赤壁の戦いでの退却はなぜだったのか、広大な力を持ちながら、なぜ劉備たちを滅ぼさなかったのか、なぜ皇帝にならなかったのか、といったいくつもの謎に、筆者は独自の解釈を下します。曹操の人間像を掘り下げながら、中国人のものの考え方、哲学にも迫る知的興奮の一冊!(TM)
商品情報
書名(カナ) ショウネンソウソウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年12月15日
ISBN 978-4-16-318880-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く