作品紹介

戦争の最後の語り手、そのすべてを一巻に集成! いまこそ読むべき本

惨苦のはての澄明、しぶとく苦いユーモア。戦争の記憶が風化するにまかされる今日、この稀有の作家の営みは永久保存にあたいする

担当編集者より
戦争の語られかたがどこかおかしい、そう感じるひとは老若を問わずとても多いのではないでしょうか?私たちは痴呆の平和を愉しみそして飽いたという識者もいます。ま、しかし、本書はそんなご高説に飽いた読者への、またとない贈り物です。大東亜をまさに転々ののち、とるに足りぬ“戦犯”というオマケまでついて復員した、万年一等兵の古山さん。八十歳をむかえた今日までたゆまず営みつづけた記憶の物語のすべてを、編年体で編んでみました。その明澄とユーモアを是非ご味読下さい。(MK)
商品情報
書名(カナ) ニジュウサンノセンソウタンペンショウセツ
ページ数 576ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年05月15日
ISBN 978-4-16-320030-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く