単行本
単行本

瀑流

山田和

  • 定価:本体2,286円+税
  • 発売日:2002年02月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

昭和の初めに起きた電力VS.林業の大戦争

ダムの底に沈んだ愛する人の住処。太古の森と共に生きた杣夫たちは死力を尽くし電力会社の横暴と闘った。庄川を舞台に描く大叙事詩

担当編集者より
飛騨の山奥からはるか富山湾に注ぐ庄川は、かつて木材運搬で日本の林業を支える大動脈でした。昭和の初め、この庄川にダム計画が持ち上がります。ダムができてしまえば、林業の死滅は必至。金にあかして計画を強行する電力会社の横暴に杣夫(そまふ)たちは立ち上がります。行政訴訟、民事訴訟、知力と死力を振り絞って林業側はダム工事にまったをかけようとします。国を二分して闘われた庄川ダム争議事件を舞台に、激しく交差する男女の愛、進歩と自然の調和とは何かを問いかけたノンフィクションノベル。(SS)
商品情報
書名(カナ) バクリュウ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年02月01日
ISBN 978-4-16-320690-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く