単行本
単行本

魔女の笑窪

大沢在昌

  • 定価:本体1,476円+税
  • 発売日:2006年01月16日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「地獄島」の番人から、私は逃げ切れるのか?

掟破りの島抜けをした「私」に襲い掛かる数々の危機! 裏切りと騙し合いの東京裏社会を舞台に「女」の必死の逃亡劇がいま始まった!

担当編集者より
東京で裏稼業のコンサルタントをしている〈冬子〉は、男の仕事の能力を見抜く「目」を持っています。その能力は彼女の暗い過去——彼女は娼婦として何千人もの男を相手にしてきた——から得たものでした。九州のとある県の小島。そこは地獄島と呼ばれ、女たちが男に体を売る所です。彼女は両親の死後その島に売られ、まさに地獄のような生活をおくりますが、ある男の手引きで逃亡に成功し、今日まで来たのです。しかし彼女を追う地獄島の恐怖の「番人」が……。裏切りと騙し合いの中で展開する、スリリングな一冊です。(TK)
商品情報
書名(カナ) マジョノエクボ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2006年01月15日
ISBN 978-4-16-324590-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く