単行本
単行本

陰陽師 夜光杯ノ巻

夢枕 獏

  • 定価:本体1,381円+税
  • 発売日:2007年06月29日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

平安京の闇が生み出す怪事件。晴明、博雅の出番だ!

またしても都に起きる妖しげな事件の数々。晴明と博雅がその因果を探り、鮮やかに解決。「月突法師」「花占の女」など9篇を収録!

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
05年刊行の『陰陽師 瀧夜叉姫(たきやしゃひめ)』は上下巻の長編でしたが、今回は通常通りの連作集になります。収録される作品は9編。今回も平安の都に起きる奇奇怪怪の出来事が人々の心を惑わせ、苦しめます……。真夜中の観音堂で焼け死んだはずの少年が経を唱えていたり(「魔鬼物小僧」)、庭の松の木を切ろうとした主人が夜、何者かに導かれ、おびただしい数の小坊主たちがいる部屋に誘い込まれたり(「月突法師」)。そんな事件を鮮やかに解決する晴明、博雅の活躍をご堪能ください。(TK)
商品情報
書名(カナ) オンミョウジヤコウハイノマキ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2007年06月30日
ISBN 978-4-16-326060-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く