単行本
単行本

龍の棲む家

玄侑宗久

  • 定価:本体1,143円+税
  • 発売日:2007年10月12日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ぼけたって父さんだ。いろんな時代の父さんが出入りするんだ

記憶をさまよう父と暮らす幹夫は、介護のプロ・佳代子と出会う。部下や家族を演じるうちに二人は……僧侶作家があたたかく描く人の絆

担当編集者より
最近、父さんがぼけたようなんだ……。兄からそう聞かされた幹夫は、実家で父と二人暮らしを始めます。記憶をさまよう父と、公園でかみあわぬ会話に苦労していたとき、そばにいた女性がすっと入り込み、父の気持ちをなだめてしまいます。介護のプロだというその女性・佳代子に会うのを楽しみに、二人は公園へ通うようになるのです。妻を喪った兄、妻と別れた幹夫、かつての担当患者の死に苦しみつづける佳代子……。家族が再び団欒を得るまでを、芥川賞作家があたたかく描きました。(TM)
商品情報
書名(カナ) リュウノスムイエ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年10月10日
ISBN 978-4-16-326370-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く