作品紹介

大人気シリーズ2年半ぶり待望の最新作

京の都で起こる怪しく妖しい事件に、お馴染み若き陰陽師・安倍晴明と横笛の名手・源博雅が挑む人気シリーズ最新作。全8篇を収録

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
2007年6月刊行の『陰陽師 夜光杯ノ巻』以来、2年半ぶりとなる人気シリーズの最新刊。平安の都に起こる怪事件を、陰陽師の安倍晴明と親友の源博雅が鮮やかに解決してゆきます。決して開けてはならぬと言われた瓶(かめ)のなかを覗いたらなかにはなんと赤子が入っていたり(「瓶博士」)、菩薩さまだと思って屋敷にはびこる蛇退治を頼んだ相手の正体が妖(あやかし)だったり(「紛い菩薩」)、つぎつぎ持ち込まれる難題に立ち向かう晴明の活躍をお楽しみに。蝉丸や蜜虫といった御馴染みの人物たちももちろん登場します。(AH)
商品情報
書名(カナ) オンミョウジテンコノマキ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年01月30日
ISBN 978-4-16-328860-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く