作品紹介

名作『くまとやまねこ』の著者がおくる感動作

失踪中の夫が帰ってきた。ただしその身は海底で朽ちていると。死後の軌跡をたどる2人。心震わせる哀しく深いゴースト・ストーリー

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「文學界」掲載と同時に、朝毎読等各紙注目・絶賛された作品。ミリオンセラー『夏の庭』、名作絵本『くまとやまねこ』の著者の、初めての長編小説です。著者だからこそ描きえた、美しく哀切な物語——3年間失踪中の夫がある夜ふいに帰ってくる。ただしその身は海底で蟹(かに)に喰われたという。彼とともに死後の軌跡をたどる妻。彼岸と此岸をたゆたいつつ、永久に失われたものへなお手を差し延べざるをえない……。死をも乗り越える愛の深さがあまりに切なく、心震わせる感動作です。(OM)
商品情報
書名(カナ) キシベノタビ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年02月25日
ISBN 978-4-16-328980-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く