作品紹介

妻を捨て愛人へ奔った作家廣津和郎の“誠実真摯な人生”は何を残したのか。有名無名の女と男が紡いだ必死の生から昭和の闇を解く

担当編集者より
昭和は遠くなったか。歴史の慕は過去をどんどん遠くしているようにみえるけれども、そこに生きた人びと、中でも男と女の修羅は変わっていない。妻を捨て別の女性に奔った作家の廣津和郎はじめ、有名無名の人びと九人の生と死を、久々に澤地さん一流の筆が描き出します。愛と喜びと悲しみと悲惨、そして希望を。(U)
商品情報
書名(カナ) ショウワトオイヒチカイヒト
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年05月10日
ISBN 978-4-16-352840-3
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く