単行本
単行本

小説 大逆事件

佐木隆三

  • 定価:本体2,095円+税
  • 発売日:2001年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

明治天皇暗殺計画――容疑から処刑までに何があったか

明治44(1911)年1月24日、幸徳秋水ら12名大逆罪にて処刑。九十年をへて最新資料にもとづき事件の真相に迫る力作

担当編集者より
いまから九十年前の明治四十四年一月二十四日、幸徳秋水をはじめ十二名が大逆罪で処刑されました。明治天皇暗殺計画をくわだてたとして、政府は社会主義者を大量に検挙、徹底的弾圧に乗り出しました。これがいわゆる「大逆事件」です。著者はオウム事件取材中に、反政府活動と政府による取締りという構図こそ似たものがあるにせよ、このふたつの相違を明確にする必要があることを痛感、執筆にかかりました。新資料を駆使して、事件の全貌に迫ります。(NY)
商品情報
書名(カナ) ショウセツタイギャクジケン
ページ数 408ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年01月30日
ISBN 978-4-16-357000-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く