作品紹介

あのクイールが死んだ……。心に響く写真集

大きな反響を呼んだ盲導犬クイールの写真集が再び! 生後すぐから98年に亡くなるまで、写真と文章でたどる盲導犬の一生の記録

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
視覚障害者にとってなくてはならない存在の盲導犬。ラブラドール・レトリーバーのクイールは生後四十三日で京都のパピーウォーカー(育ての親)に預けられ、一歳で盲導犬訓練センターに入ります。約一年半の訓練のあとに、使用者のもとへ。しかし、たった二年間で使用者が亡くなってしまうのです。さて、そのあとは……。生まれた瞬間から息を引き取るまで、モノクロームの静かで優しい写真がクイールの生涯をものがたります。(FY)
商品情報
書名(カナ) モウドウケンクイールノイツショウ
ページ数 152ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2001年04月10日
ISBN 978-4-16-357260-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く