単行本
単行本

エンパイア

ミッチェル・パーセル 実川元子・訳

  • 定価:本体3,000円+税
  • 発売日:2002年11月

作品紹介

あのエンパイアステートビルの所有者は日本人だった

91年に横井英樹が買収して以来、このビルの所有権争いは、不動産王トランプもまき込み泥沼と化す。このビルは一体誰のものなのか?

担当編集者より
悪名高い横井英樹は生前、海外の有名不動産を買いあさっていた。その最たるものがニューヨークのエンパイア・ステート・ビルである。このビルを愛人の娘に「やる」と言った言わないで、娘と横井は裁判で争うことになる。娘に裏切られたと怒り狂う父、そこに漁夫の利を得ようとするアメリカ不動産王トランプが絡み、ビルの所有権争いは、エゴ剥き出しの醜い人間ドラマの様相を呈する。欲に目が眩んだ金持ちたちの愚行を余すところなく描いた、ノアールなノンフィクション。(HK)
商品情報
書名(カナ) エンパイア
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年11月30日
ISBN 978-4-16-359100-1
Cコード C0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く