単行本
単行本

直木三十五伝

植村鞆音

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2005年06月
  • ジャンル:小説

作品紹介

直木賞創設70周年。伝説的作家・直木三十五の実像に迫る

天才的企画力と底知れぬエネルギーで人気作家として活躍した直木三十五の生涯とそのひとに迫る書き下ろし評伝決定版。口絵多数

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
今年は直木賞創設70周年にあたります。明治24(1891)年大阪市生まれ、本名・植村宗一。「植」という字を二分し、それに31歳の三十一から、35まできたところで直木三十五としました。新し物好きで、飛行機と映画に情熱を注いだ稀代のプランメイカーでした。39歳のとき『南国太平記』で一躍流行作家になり、昭和9(1934)年に没するまで、生涯660以上の小説、評論、随筆を発表。死の翌年、直木三十五賞が創設されました。著者は作家の甥にあたります。(NY)
商品情報
書名(カナ) ナオキサンジュウゴデン
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2005年06月30日
ISBN 978-4-16-367150-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く