単行本
単行本

透視はあっても不思議はない千鶴子には見えていた!

竹内久美子

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2007年07月30日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本人だからって最初から日本にいたわけじゃない

続々明らかにされる生き物たちの奇妙奇天烈な真実が、あなたのパラダイムをシフトする。驚天動地の動物行動学エッセイ、絶好調!

担当編集者より
「抱きしめるだけで交尾する○○」とか、「自分のペニスを自分に挿入する○○」とか、「自分のウンコを食べないと死んでしまう○○」、「○○は人間の未来形?」、「20時間、眠る○○」などなど。今回もヒト、動物、昆虫、植物たちの驚くべき生態と超能力に関する謎を、動物行動学をベースに竹内さんが鋭くかつユーモラスに解明しています。○○が何なのか気になった方は、ぜひ本書で御確認を。(IS)
商品情報
書名(カナ) トウシハアッテモフシギハナイ チヅコニハミエテイタ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2007年07月30日
ISBN 978-4-16-369340-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く