作品紹介

ゲイの○○○は、ちょっと大きい!?

古今東西の事例や本邦初公開を含む学説から「子を残しにくいはずなのに常に一定の割合を保ち続ける」同性愛者のパラドックスに挑む

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「そもそも子を残さないはずなのに、どのようにして同性愛の遺伝子が伝わるのか——」。古くから学者たちを悩ませてきたパラドックス。動物行動学でお馴染みの筆者が、『仮面の告白』からオスカー・ワイルド、フレディ・マーキュリーなどの事例や「ヘルパー仮説」「プラクティス仮説」をはじめとする多くの学説を検証しながら、真面目にかつユーモラスに謎の解明に挑みます。(IS)
商品情報
書名(カナ) ナゼクラスニヒトリイルノカ ドウセイアイノナゾ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2012年01月20日
ISBN 978-4-16-660844-7
Cコード 0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く