作品紹介

深刻な危機、そこに次の時代の成長の芽があった

労働争議、銀行撤退、公害批判、貿易摩擦、小糸株事件。トヨタの歴史は実は危機の連続だった。大不況を生きぬくビジネスの教科書

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
トヨタの戦後の歴史は、実は危機の連続でした。労使の反目、銀行の離反、オイルショック、円高、公害批判、貿易摩擦、会社乗っ取り?? しかし、こうした危機に積極的に対応する中で、トヨタは次の時代に飛躍のバネとなる新しい体質を獲得していったのです。危機の中にこそ、次の成長の芽がある。今回の危機と豊田章男体制の意味についても考えます。(SS)
商品情報
書名(カナ) キキノケイエイ トヨタストラテジー
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年04月15日
ISBN 978-4-16-371340-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document