作品紹介

2011年6月に発売し、18万部のベストセラーとなった文藝春秋臨時増刊『つなみ 被災地のこども80人の作文集』。この作文集に携わったジャーナリストの森健氏と作文を書いた子どもたちは、2012年の大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。
本書は宮城、岩手の被災地の子どもたちの作文に加えて、原発事故に苦しみ、震災から1年あまりが経過した現在も、故郷に戻ることができない福島県の警戒区域に育った子どもたち、30人の作文を加えた、つなみ作文集の完全版である。
東日本大震災による津波に直面した子供たちが、地震の瞬間や、津波を目の当たりにした時に何を感じたのか。家族や親友を失った悲しみ、避難所の暮らし、そして今、何を支えにしているのかを綴ってくれた文集です。 福島編では、震災から1年余を経ても、原発事故と放射能の問題で故郷に戻れない子どもたちの心情が作文によって綴られています。
●3・11地震の瞬間、津波の恐怖
●家族・親友を失って
●避難所のくらし
●これからのこと
110人以上の子どもたちの作文の内、およそ半分は直筆の文章を原稿用紙のまま掲載してます(それぞれ写真と解説文つき)。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
第43回大宅壮一ノンフィクション賞を筆者の森健さんとともに受賞したのが、『つなみ 被災地のこども80人の作文集』に登場する子どもたちです。この完全版では、宮城、岩手の子どもたちの作文集に、福島の子どもたち30人の作文を新たに加えました。原発事故と放射能問題によって故郷からいまも離された福島の子どもたちの1年後の心境を綴った作文は、地震の影響の大きさと、一方で子どもたちの心の強さを感じさせてくれます。(YT)
商品情報
書名(カナ) ツナミ ヒサイチノコドモタチノサクブンシュウ カンゼンバン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 B5判 その他 並製カバー装
初版奥付日 2012年06月15日
ISBN 978-4-16-375420-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く