作品紹介

二〇一二年に刊行五百冊を突破、来年作家デビュー五十周年を迎える西村京太郎さんの最新作『消えたなでしこ』は、十津川警部シリーズ中最大の問題作といっても過言ではありません。なにしろ今回十津川が挑むのは、「なでしこジャパン」誘拐事件なのです。女子W杯に勝ち国民的スターとなったなでしこジャパン二十二人がロンドン五輪の直前に誘拐され、身代金は百億円! 十津川警部は一人誘拐を免れた澤穂希選手に捜査協力を依頼。プレー同様頭脳明晰な澤選手と十津川の夢の2トップが事件解決に向け動き出します。
一九七六年の作品『消えた巨人軍』では、東京から大阪へと向かう新幹線に乗った巨人選手が行方不明になるという超絶トリックをしかけた著者。今回は女子W杯でなでしこたちのプレーに魅了され、彼女たちを小説に登場させることになりました。なでしこファンにとっても驚天動地の結末が待っています! (SE)

担当編集者より
2012年に刊行500冊を突破、今年が作家デビュー50周年となる西村京太郎さんの最新作『消えたなでしこ』は、十津川警部シリーズ史上最大の問題作。なにしろ十津川が挑むのは、なでしこジャパン22人の誘拐事件なのです。身代金は100億円! 十津川は誘拐を免れた澤穂希選手に捜査協力を依頼、頭脳明晰な澤選手と十津川の夢の2トップが動き出します。西村さん、女子W杯でなでしこたちの雄姿にすっかり魅了され、小説に登場させることになりました。なでしこファンにとっても驚天動地の結末が待っています!(SY)
商品情報
書名(カナ) キエタナデシコ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判 軽装 カバー装
初版奥付日 2013年02月15日
ISBN 978-4-16-381940-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く