作品紹介

俵万智の第五歌集。東日本大震災を間に挟み、第一部、第二部と分かれる。俵は、放射能被害を逃れ、西へ西へと移動し、幼い息子の手を引き、運命的に石垣島への定住を決める。そこで出会った自然や人々。冒険心を掻き立てられる幼子。さまざまな経験や観察の中から生まれた341首。母として、3・11以降を生きる日本人の一人として、世界を受け止める。新たな生命力の獲得をベースに詠まれた傑作歌集。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
待望久しい第五歌集です。3・11のあと、俵さんは余震と放射能から逃れるため、息子さんの手を引き、西へ西へと移動します。そして縁あって石垣島に移住することになります。そこで二人はまったく新しい世界に出会うのでした。不安と新しい小さな希望を見つめる確かな目が生み出す三百四十一首です。(OS)
商品情報
書名(カナ) オレガマリオ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年11月30日
ISBN 978-4-16-382810-7
Cコード 0092

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く