単行本
単行本

変わらないために変わり続けるマンハッタンで見つけた科学と芸術

福岡伸一

  • 定価:本体1,300円+税
  • 発売日:2015年04月22日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

かつてこの街で科学を学んだ
今、この街で芸術にふるえる


●かつて研究修業時代に勤務したニューヨーク・ロックフェラー大学。
ひたすら研究に打ち込んだ日々は、私にとっての決定的な出発点(エートス)となった。
そのロックフェラー大学に、私は25年ぶりに客員教授として滞在することになる。

母校のキャンパスは、一見何も変わっていなかった。
一方、その研究は最先端のバイオテクノロジーに様変わりしていた。
記憶に作用するホルモン、未知の巨大ウイルスの発見、動物行動を制御する驚異的な脳科学のテクニック、腸内細菌の役割の再発見……。
アメリカの科学はそのエネルギーを保ち、変わらないために、変わり続けていたのだ。

そして日々の生活に目を転じると、ニューヨークの文化、生活、芸術にもまた、一切の滞留、不変を許さないダイナミズムが満ち溢れていた――アメリカそのものも、変わらないために変わり続けている。

●福岡ハカセが2013年からのアメリカで過ごした2年間の思索と冒険をノスタルジックにつづるエッセイ集。科学という営み、NYの片隅で見たフェルメールの清明さ。
発見と叙情に満ちた筆致に、あなたの心もふるえるはず。


【目次】
第一章 修業時代の母校ふたたび
第二章 世界の生命科学最前線
第三章 異国で文学を思う
第四章 食文化差の理科的考察
第五章 ニューヨークの自然観察
第六章 自由と違和感のアメリカ文化
第七章 滞在二年目だからわかること
第八章 世界を股にかけフェルメール巡礼

担当編集者より
かつて福岡ハカセが研究修業時代に勤務したニューヨーク・ロックフェラー大学。そこで研究に打ち込んだ日々は、ハカセにとっての決定的な出発点(エートス)でした。
二十五年ぶりに客員教授として滞在した母校は、一見何も変わっていませんでした。一方、その研究は最先端のバイオテクに様変わりしていました。そのエネルギーを保ち、変わらないために変わり続けるアメリカ科学。そして文化、生活、芸術もまた同じダイナミズムに溢れていました。知的好奇心と郷愁に満ちた二年間の思索が詰まった一冊。
商品情報
書名(カナ) カワラナイタメニカワリツヅケル マンハッタンデミツケタカガクトゲイジュツ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年04月25日
ISBN 978-4-16-390252-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く