単行本
単行本

不機嫌な作詞家阿久悠日記を読む

三田 完

  • 定価:本体1,700円+税
  • 発売日:2016年07月30日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

阿久悠さんといえば作詞家として、「また逢う日まで」「北の宿から」「勝手にしやがれ」「UFO」など5度の日本レコード大賞に輝き、生涯で売り上げたシングル盤の枚数は約7000万枚という歌謡界のモンスターです。その阿久さんが生前、26年7カ月間にわたり毎日つけた日記が存在することは、ほとんど知られていません。イタリアのナヴァデザインによる革装27冊の日記は、明治大学駿河台キャンパスにある阿久悠記念館にひっそりと収められています。
2014年秋、阿久さんの身近で長年にわたり仕事をした三田完さん、阿久さんのひとり息子の深田太郎さん、明治大学の吉田悦志(国際日本学部)、富澤成實(政治経済学部)両教授、岩波書店OBの井上一夫さんの5人が、この膨大な日記の解読を始めました。その研究の成果をもとにした書き下ろしが、本作品です。
1日も休むことのなかった日記には、身辺雑記から仕事のメモ、その日のニュース、本や新聞の情報、ひらめいたアイデアなどが、愛用のペンテルのサインペンでぎっしり書きつらねてあります。
戦前、淡路島でうまれた少年はいかにして「阿久悠」になったか。時代をリードし続けた創作の秘密はどこにあったのか。作詩から小説へと軸足を移した『瀬戸内少年野球団』の映画の成功、しかし直木賞をとれない苦悩、晩年に苦しんだがんとの闘病など、これまではうかがいしれなかった、芸能界の巨人の苦悩も初めて明らかになります。
NHKディレクターを辞して以降15年、阿久さんとともに過ごした著者だけが知る「歌謡界の巨人」の真実です。

担当編集者より
私にとって阿久悠さんといえば、日本テレビの「スター誕生!」の審査員席で苦虫をかみつぶすような表情を崩さなかった怖いひとという印象です。ところがそれには深い理由があったのを、この作品を通じて初めて知りました。実は、阿久さんが山口百恵のことを内心高く評価しながら、一曲も作詞の機会がなかったことも……。天才作詞家の阿久さんには、天才ならではの苦悩もまたたくさんありました。そんなエネルギッシュで切実な生に是非多くの方が触れてほしいと思います。
目次
はじめに 阿久悠と変装
第一章 美空ひばりと同い年の少年
第二章 青春はシネマの闇に
第三章 十八歳・上京
第四章 月光仮面製作中
第五章 深田公之、阿久悠となる
第六章 『スター誕生!』と山口百恵
第七章 直木賞の憂鬱
第八章 無冠の父
第九章 身中のテロリスト
第十章 生きっぱなし
おわりに 阿久悠と色魔
阿久悠 略年譜
商品情報
書名(カナ) フキゲンナサクシカ アクユウニッキヲヨム
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2016年07月30日
ISBN 978-4-16-390504-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く