単行本
単行本

江戸おんな絵姿十二景

藤沢周平

  • 定価:本体2,500円+税
  • 発売日:2016年12月14日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

藤沢周平 没後20年記念出版。

月刊「文藝春秋」昭和56年3月号から1年間にわたり連載された「江戸おんな絵姿十二景」を、主題となった浮世絵カラー絵を全点収録して刊行。

編集者が選んだ2、3枚の絵のなかから、藤沢さんが1点を選び、想像力を駆使して季節に対応した掌編を執筆。
登場する浮世絵は鈴木春信「雪中縁端美人」、鳥居清長「女湯」、喜多川歌麿「傘さす男女」、歌川国貞「集女八景 洞庭秋月」など、バラエティに富んだ12点。

単行本化(「日暮れ竹河岸」所収)の際には掲載されなかった浮世絵を、本書ではすべて収録。雑誌掲載時と同じ形で浮世絵を全点カラー収録・解説もつけた完全版は、単行本としては初登場です。

オール讀物新人賞を受賞した「溟い海」をはじめ、藤沢作品で浮世絵・浮世絵師を題材にしたものは多いですが、本企画では「若干の遊びごころと、小説家としてこの小さな器にどのような中身を盛ることが出来るか、力量を試されるような軽い緊張感が同居している」と創作の背景を語っています。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
「江戸おんな絵姿十二景」 藤沢周平
「浮世絵には無限の想像力をかきたてる世界が隠されている。その中から十二の場面をえらんで小説をつけてみることにした」――このような意図で始まった「月刊文藝春秋」の連載。浮世絵・浮世絵師を題材にした作品を多く発表していた藤沢さんならではの、画期的な企画でした。連載から三十五年を経て、浮世絵を全点カラー収録した完全版が登場。情緒豊かな浮世絵と、陰翳に富んだ掌編のコラボレーションを、どうぞお楽しみ下さい。
商品情報
書名(カナ) エドオンナエスガタジュウニケイ
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 B5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2016年12月15日
ISBN 978-4-16-390573-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く