作品紹介

没後20年――藤沢周平が残した俳句と、俳句をめぐるエッセイ。

青年期に結核治療のため入院した病院で、藤沢周平は初めて俳句と出会う。何よりも自然を詠みこめるという感動から、俳句の世界に入っていった。俳誌「海坂」に二年にわたり投句を続け、俳句への強い関心は後に長篇小説「一茶」に結実する。

本書には「小説『一茶』の背景」「一茶とその妻たち」「心に残る秀句」「稀有の俳句世界」など、随筆9篇も収録。単行本の「解説」は清水房雄(歌人)。

そして単行本刊行から約18年、この度、新たに発見された俳句を付して、待望の文庫化。

業界紙記者時代の昭和36、37年に、「馬酔木」(あしび)に月に一句ずつ、本名の小菅留治名で投稿句が掲載されていた。36年の分では、作者の手書きで、その句を含む数句が月ごとにまとめられていた。
また、「俳句手帳」昭和53年版に、30句が記入されており、句の多くは、藤沢周平が作家になってからのものと推定される。
合わせて100余の句が、一般読者に向けて初めて公開されることになった。

藤沢の俳句への思いに光を当てる貴重な発見といえる。

〈文庫解説〉「『自然』からの出発」 湯川豊(文芸評論家)

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
初めて足を踏み入れた俳句文学館の閲覧室で、昭和30年刊行の「馬酔木」から1冊ずつ、読者の投句欄のページを順番に見ていきました。なかなか目的のものは現れず、ほとんど諦めかけたとき、昭和36年1月号の〈小菅留治〉という字が目に飛び込んできました。家庭でも、業界紙記者としても多忙を極めていた時代、一度は離れた俳句の世界に戻っていっていた――藤沢周平の新たな一面を、没後20年のいま、ここに見せられることを、非常に嬉しく思います。 (KK)
商品情報
書名(カナ) フジサワシュウヘイクシュウ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年09月10日
ISBN 978-4-16-790930-7
Cコード 0192

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く