単行本
単行本

現美新幹線殺人事件

西村京太郎

  • 定価:本体900円+税
  • 発売日:2017年04月07日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

画商の竹田が越後湯沢でスキーに興じていたところ、東京から突然連絡が入った。急ぎ自宅マンションに戻った竹田は、妻と娘が何者かに襲われて殺されたことを知る。自宅から渡辺久の絵が盗まれたことに気づく。だがその絵はいつの間にか現美新幹線に展示された後、その後ニューヨークの渡辺の個展にも飾られるべく海を渡っていた。さらによく似た贋作までが再び日本に送られ、現美新幹線で公開されたが…。

”世界最速の美術館”として話題の現美新幹線を皮切りに、日本とアメリカを股にかけた十津川と亀井の追跡が始まる。

商品情報
書名(カナ) ゲンビシンカンセンサツジンジケン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2017年04月05日
ISBN 978-4-16-390628-7
Cコード 0293

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く