単行本
単行本

眠る盃向田邦子全集〈新版〉 第六巻

向田邦子

  • 定価:本体1,800円+税
  • 発売日:2009年09月28日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

向田邦子の素顔が最も表われた短文集

飼い猫についてや、水羊羹に関する薀蓄。また、痴漢に遭った話などなど。中でも傑作は男性評の数々。著者の肉声が聞こえてくる

担当編集者より
様々な雑誌に寄稿した、比較的短めのエッセイを集めたものです。父母の思い出話もありますが、水羊羹(みずようかん)に関する薀蓄(うんちく)や、痴漢(むしろ暴漢か)に遭った話、また「子供を持たなかったことを悔やむのは、こういう時である」で閉じられる印象深い短文もあります。なかでも傑作はいくつか収められた男性評。森繁久彌についてこう記します。「正義を説き純粋な感動をさそいながら、どこか一パーセント嘘っぱちな、曖昧なところのまじるおもしろさ。ローレンス・オリヴィエも、中村勘三郎も、みんなこの匂いがする」(OS)
商品情報
書名(カナ) ネムルサカズキ ムコウダクニコゼンシュウ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年09月22日
ISBN 978-4-16-641730-8
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く