新書
新書

文春新書

人間関係の自我心理学人と接するのがつらい

根本橘夫

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:1999年11月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

人と接するのが苦痛という人が増えている。原因は自分自身を肯定できないからだ。自然な自分を生きる方法を分かりやすく提示する

担当編集者より
人と接するのが苦手という人が増えている。人といると相手に巻き込まれ、疲れ果ててしまうのだ。人間関係に重荷を感じるのは、誠実で感受性が鋭いため、心の奥底にある安心感が脅かされる不安から不自然な方法で安全を得ようとしているからだ。ではどうすれば、自然な自分自身を生きることができるのだろうか——。(SS)
商品情報
書名(カナ) ニンゲンカンケイノジガシンリガク ヒトトセッスルノガツライ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 1999年11月20日
ISBN 978-4-16-660074-8
Cコード 0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く