新書
新書

文春新書

日本語の21世紀のために

丸谷才一 山崎正和

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2002年11月20日

作品紹介

日本語論の真打ち登場!

近代国家になるためには共通の言語の成立が必要だった。しかし…。文明論の視野から日本語の混迷の背景を探り、対処法をも提示する

担当編集者より
これまでに対談すること百数十回という丸谷・山崎両氏。でも日本語をテーマにした対談は、意外にもこれが初めてだとか。——「革命と戦争の世紀」といわれる二十世紀は、また「言語の世紀」でもあった。近代国家がスタートするためには「国語」の存在が不可欠で、われわれの「国語」も強引な形で成立せざるをえなかったのだ……。近代日本語の運命について、批評界の最高峰に立つお二人が、広く文明論の立場から、深い洞察と具体的な提案をもって(そして愉しく)論じ尽します。(AK)
商品情報
書名(カナ) ニホンゴノニジュウイッセイキノタメニ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2002年11月20日
ISBN 978-4-16-660288-9
Cコード 0281

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く