新書
新書

文春新書

10年後の日本

『日本の論点』編集部編

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2005年11月18日

作品紹介

年金崩壊、ニート増大、そこに大地震が来たら

確実に来る少子・高齢化社会、GDP激減、不安なアジア情勢、地球温暖化と、根底から揺らぐ日本。十年後の危機を多方面から予測

担当編集者より
消費税2桁は必至となる一方、団塊世代700万人が定年となり、GDPは激減、退職金や企業年金も危なくなる。人材の空洞化が進み、フリーターは500万人を超え、学力低下の弊害も噴出。出生率はさらに低下し、年金分割を待って熟年離婚が急増。他にアジア情勢の不安定化、大地震の予測など、10年後の日本に降りかかる様々な危機を、『日本の論点』編集部の豊富な蓄積を駆使して大予測する。これからの時代を生き抜くために必読の一冊。(OA)
商品情報
書名(カナ) ジュウネンゴノニホン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2005年11月20日
ISBN 978-4-16-660479-1
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document