文春新書

政治の眼力永田町「快人・怪物」列伝

御厨 貴

  • 定価:本体750円+税
  • 発売日:2015年06月19日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

政治を動かしているのは「イデオロギー」でも「政策」でもない。「人」だ。
政治は、ルールがあるようでいてルールのない世界、組織立っているようでいて組織立っていない世界、理屈だけでは通用せず、運と実力がすべてを支配する世界。だからこそ、政治に緊張が生まれ、政治家の個性がますます引き立つ。
本書に登場するのは、安倍晋三から菅義偉・二階俊博まで、いずれも今日の日本を動かす政治家25名。
著者は、これまで政治家や官僚たちの貴重な証言を記録に残してきた「オーラル・ヒストリー」の第一人者。TBS「時事放談」の司会も務め、生の政治家にこれほど会ってきた政治学者は他にいない。その著者が、それぞれの政治家に「一対一」の真剣勝負で直接会い、その人物の核心にズバッと迫る。これを読めば日本の政治が断然面白くなる!

(目次)
■安倍政権とは何か――麻生太郎、山口那津男、谷内正太郎、菅義偉、甘利明、安倍晋三
■自民党の力の秘密――古賀誠、野中広務、脇雅史、細田博之、高村正彦、二階俊博
■チャレンジャーの資格――石破茂、細野豪志、岡田克也、岸田文雄、谷垣禎一、小渕優子、舛添要一
■失敗の研究――仙谷由人、与謝野馨、小沢一郎
■清和会とは何か――森喜朗、小泉純一郎、福田康夫

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本を動かす22名の政治家に、短くとも30分、長くとも1時間、五感を全開にして対峙して書かれた、真剣勝負の政界人物評論です。個別に楽しめると同時に「人脈を通しての安倍政権論」ともなっています。イデオロギーや政策以上に「人物」に焦点を当てることで、今の政治がよりくっきり見えてきます。小泉純一郎、福田康夫、小沢一郎といった過去の大物政治家の評論も、現在の日本政治を考える上で必読です。
商品情報
書名(カナ) セイジノガンリキ ナガタチョウカイジンカイブツレツデン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年06月20日
ISBN 978-4-16-661029-7
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く