作品紹介

知将、謀将、闘将——かくて戦国の世は終わりぬ

乱れに乱れた戦国時代も、関ガ原から大坂の陣にかけていよいよ最終章へと向かう。遅すぎる登場に苦悶する7人の武将の姿を描く

担当編集者より
信長・秀吉による天下統一の前後から武将の姿は激変し、多様化していく。大国の狭間において生き残りのため右往左往する地方武将もあれば、国持ち大名の元にあって、参謀として名を成す武将や官僚としての武将もいる。生れた場所が僻地であったり、遅く生れた武将がいる。知将、謀将、闘将……ジャンル化された武将の型。
商品情報
書名(カナ) ブショウレツデン センゴクシュウマツヘン
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年06月10日
ISBN 978-4-16-713556-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く