文庫
文庫

昭和・遠い日 近いひと

澤地久枝

  • 定価:本体524円+税
  • 発売日:2000年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

治安維持法下の愛と死、二人の妻と共に生きた廣津和郎、アッツ島の玉砕者からの手紙など、有名無名の九人の男と女が紡いだ必死の生

担当編集者より
治安維持法下に非命の死を遂げた川柳人、鶴彬とその足跡を辿ることに半生を賭けた男の執念。松川裁判に奔走した作家、廣津和郎の私生活の修羅。シベリアに八年間抑留された鹿野武一がラーゲリから妻に書き送った手紙。有名無名の九人の男と女が紡いだ必死の生とその果ての様々な死から昭和の闇を解く。
商品情報
書名(カナ) ショウワトオイヒチカイヒト
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2000年12月10日
ISBN 978-4-16-723921-3
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く