文庫
文庫

文春文庫

日独合体の銀翼液冷戦闘機「飛燕」

渡辺洋二

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2006年07月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

不運に泣かされた名戦闘機の生涯

太平洋戦争に参加した唯一の液冷エンジン戦闘機「飛燕」。その計画から実戦での苦闘までを克明な取材に基づいて明らかにする力作

担当編集者より
ドイツ製の液冷式エンジンを搭載、日本機離れした流麗な容姿からファンも多い「飛燕」。設計者、軍航空関係者らへの膨大な取材を敢行。開発の始まりから、日本初空襲のB—25を試験飛行の折に追撃したエピソード、ニューギニア戦線での苦闘、本土上空でのB—29への体当たり、そして五式戦への交代と、その激動の全軌跡を活写する力作。
商品情報
書名(カナ) ニチドクガッタイノギンヨク エキレイセントウキヒエン
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年07月10日
ISBN 978-4-16-724914-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く