文庫
文庫

ザ・ラスト・ワルツ「姫」という酒場

山口洋子

  • 定価:本体476円+税
  • 発売日:2000年11月

作品紹介

56年、銀座にクラブ「姫」がオープンした。以来、多くの有名人がホステスたちと杯を重ねた。ママだった山口洋子が振り返る華麗なる夜

担当編集者より
1956年、銀座にクラブ「姫」がオープンした。やがて多くの作家、プロ野球選手、エリートサラリーマンらが訪れ、店は隆盛を極めた。その伝説の酒場「姫」の“歴史”を、ママだった山口洋子が振り返る。当時のホステスたちの悲しいロマンスや、銀座を闊歩する「男」たちの悲哀を克明に描写した一冊。解説・野坂昭如
商品情報
書名(カナ) ザラストワルツ ヒメトイウサカバ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2000年11月10日
ISBN 978-4-16-740011-8
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く