文庫
文庫

神の街の殺人

トマス・H・クック 村松潔・訳

  • 定価:本体638円+税
  • 発売日:2002年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ソルトレーク・シティでしか起こらない殺人事件とは?

モルモン教の街で次々起こる殺人事件。犯人は教会に恨みをもつ者らしい。やがて、百年前の忌まわしい教会の過去が暴かれる……

担当編集者より
うらぶれたモーテルで黒人娼婦が絞殺される。敬虔なモルモン教の街ソルトレーク・シティにそぐわないこの事件はやがて、教会幹部を襲う連続殺人事件へと発展する。一見平和で清潔な宗教都市の歴史的暗部に事件解決の鍵をみつけたのは、ニューヨークから流れ着いた“他所者(よそもの)”刑事トムだった……。人間の心の闇を執拗に抉るミステリで高い評価を得る著者のこの初期作品には、随所に後年の著者の世界の萌芽を感じ取ることができる。(HK)
商品情報
書名(カナ) カミノマチノサツジン
ページ数 544ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年04月10日
ISBN 978-4-16-752799-0
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く