文庫
文庫

文春文庫

緋色の迷宮

トマス・H・クック 村松 潔 訳

  • 定価:本体733円+税
  • 発売日:2006年09月05日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

疑いはじめればキリがない。クック渾身のミステリ

自分の息子が幼女誘拐犯かもしれない。一旦疑い始めると、今までとすべてが違って見えてくる……驚愕のラストまで一気読み確実!

担当編集者より
15歳の息子に少女誘拐の嫌疑がかけられたとき、父親はどんな煉獄に投げ込まれるのか。まさかそんなことはという心許ない信頼と、息子が実はどんな人間なのか全く理解していなかったという恐怖……。息子だけでなく、妻、父、兄——身近な人間にも隠された秘密があるとしたら……。エドガー賞受賞作家の最新ミステリは、「雪崩を精緻なスローモーションで再現するような」と評される作風に磨きがかかる会心作。最後の最後に、想像を超えるどんでん返しが待っている!(HK)
商品情報
書名(カナ) ヒイロノメイキュウ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年09月10日
ISBN 978-4-16-770533-6
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く