文春文庫

陰陽師 瀧夜叉姫 下

夢枕 獏

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2008年09月03日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

待望のシリーズ長篇! 連続する怪異の真相とは?

妊婦殺し、会話する瘡……平安の都に起きる怪事。それらは都を滅ぼす陰謀へと繋がって行く——。晴明と博雅はどう立ち向かう?

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
晴明と博雅は俵藤太とともに、平将門の死の謎を追ううち、将門の遺灰を盗み出した者がいたことを突き止める。事件の裏に見え隠れする将門との浅からぬ因縁。誰が、将門を復活させようとしているのか? そして、その背後に蠢(うごめ)く邪悪な男の正体とは? ラストまで息をつかせぬ展開と壮大なスケールで読ませる人気シリーズ長篇。
商品情報
書名(カナ) オンミョウジタキヤシャヒメ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年09月10日
ISBN 978-4-16-752818-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く